洪水と共に歩む

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

学歴のハンデを意識すること

疲労がピークのところで、雨。久々に休みたいところだが、やるべきことはたくさんあって無理である。

突拍子無く言うが、農業はつくづく難しい。頭がいいだけではぜんぜんダメ。作業センスはそれに長けている人を雇ってやらせればいいと言う考え方は当然あるが、諸課題が出てきてスタンダードになり得るものでは到底ない。え?頭がいるの?って奴は論外。いいから昼寝でもしててくれ。

というネタを筆頭に、農業は実に多くの種類の誤解をされている。農業に向くか向かないかは子供の頃からの生き方で決まるという人だっているくらいで、私もどちらかというと賛成。こういう人間なら、大学でつい勘違いして頭でっかちに過ごしてしまったからといって修正が可能。前提として、基本的なところで学歴は農業にハンディである。出来ればない方がいい。しかし子供の頃からのアドバンテージもないし、学歴をつい積み重ねてきてしまった、という場合でも無理だとは言わない。それらがハンディだということを意識すればいいのである。そして長い間バカになって取り組む。

それさえできれば、学歴がむしろ妙味となって自分を助けてくれるだろう。人生は各論である。目的は幸福になるための各論である。しかしながら、それが理解できないのもまた学歴の害であろう。

by tanboya3 | 2018-06-20 23:46 | 新規就農・起業・研修

はんだ牛蒡ブログアーカイブ。月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.jp/          


by tanboya3