人気ブログランキング |

洪水と共に歩む

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

作業効率の良さは屈指

晴れが続いている。週間天気予報ではこれから1週間は続くという。晴れ続きの時はゆとりがあるので、このクソ忙しい折に大変助かっている。

昨日の関連になるが、うちの作業効率の良さというのは屈指のものであるだろう。これまでに多くの農業者に驚かれている。例えば、来月始まる稲の育苗について、1100枚のポット苗箱を夫婦で合計19時間余りで並べるし(シート被覆含む)、田植えの時の搬出は一瞬でやってのける。ゴボウトンネルの設置についても、夫婦で合計8時間余りで、播種から始めて1日に4棟建てることができる。

もちろん他にもいろいろあるが、この2例を挙げたのは、これらがかつて人海戦術で四苦八苦して凌いでいて、今とのギャップが一番大きい作業だからだ。かつて多くを担っていてくれた元スタッフと久しぶりに話したときに、現状を聞いて唖然としていた。

これらは、出来てしまえば何ということではないが、「コロンブスの卵」の例えのように、これを編み出すのは大変なことなのである。私がこれをやり遂げれたのは、2009年に最後の常時スタッフが退職し、その後悩みに悩んで、スタッフ無しで臨んだことが大きい。当時は文字通り「死ぬ気」であった。というか、夫婦で、といっても女房は主に経理と出荷に回るので、つまりほぼ私1人でどうやって回せばいいのか、もう意味が分からない。これは無理だろうと。しかし「窮すれば通ず」で、2004~2005年の最大の危機を凌いだ自信と、どうせ1度死んでいるんだ(本当は2度)という開き直りで完全に腹をくくることができたからである。もし人に頼ってスタッフを補充していたら、今の効率化は100%なかったと確信できる。

ここまで書いて、もっと前の背景から説明するべきと気がついた。明日にでも書いてみたい。

by tanboya3 | 2018-03-27 06:05 | 経営(全般)

はんだ牛蒡ブログアーカイブ。月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.jp/          


by tanboya3