洪水と共に歩む

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

今年の1回目草取りマラソン

今日は強風により、日課の草取りマラソンを中断している。トンネル内は当然無風なのだから、風の有り無しは関係なさそうなものだが、今日のように風が強くては、トンネルに入るときに明けた入り口からビニールが剥がされ兼ねない。現に午後の見回りで、入り口の抑えの土嚢袋が1棟ほど飛ばされて​ビニールが派手にバタついていた。あの重さの土嚢袋を押しのけるなんて、何という揚力かと思うが、その2個の土嚢袋は、1個が半分しか土が入っていなかったから、やはりそうか、土嚢2個で入り口を押さえるというのはそれなりに意味があるなと、13回目の実施にして図らずも確信することができた。

明日も強風でさらには低温の予報だから、マラソンは無理だろう。1回目のマラソンは推定であと28時間で終わる。今月中を目指していたが、この2日の停滞でちょっと無理そうである。

この1回目のマラソンについて、今年は3人で臨んで、年末までいた研修生がおよそ半分、先週来てくれていたタルマーリーのスタッフさんが1割、私が4割と、大体こんな割合になりそうである。例年、旧暦の年変わりまでに1回目を終らせる目安でやっているが、今年の年変わりは2月16日で、それから2回目のマラソンを始めていては、女房の手が期待できない状況では明らかに遅い。だからなるべく早く1回目を終らせようと出来る限りで頑張っているところ。

幸いなのは今やっている圃場の草がかなり少ないこと。ここは砂地が強くて毎回仕方なく有機肥料をわずかに元肥として使用する圃場だが、3年に1度のゴボウを作付けするたびに草が減っている。2010年の激発から始まってのこの変化は、とても興味深い。

by tanboya3 | 2018-01-23 15:14 | 作業・技術(ゴボウ)

はんだ牛蒡ブログアーカイブ。月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.jp/          


by tanboya3