人気ブログランキング |

洪水と共に歩む

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

タルマーリー来訪

先週末はタルマーリー家族が旅行のついでに我が家に2泊していってくれた。

岡山県の勝山の店舗には、女房の里からの帰り道に何度となく寄っているので、その都度話はしているのだが、一度ゆっくりじっくりと思っていただけに、今回は絶好の機会。

話し込んでみたいと考えていたのは、人を育てるというか職人教育というか、そういうネタ。これまでもちょいちょい聞いてはいたが、今回改めて聞いてみると、いやはや、実に面白かった。

店主自ら「ブラック企業」と言うだけのことはあって、真剣に人を、特に我々のような職人を育てるためには、周囲の目を気にして半端に遠慮をしていてはいけない。ということを私だって分かっているつもりではいるが、面倒というのが一番先に立ってしまってそうできないことが多かった。ようするに自分の甘さとか弱さとかいうことに帰結する。

その結果、育てられるはずの立場の方が損をする。遠慮なくビシバシやられて「お前なんかやめてしまえ!」と突き放されて、それでもやり抜くのならそれなりに成長するし、そんな程度のことで挫けるのだったらどうせ何もできっこないのだから早々と他の道に変わることができる。それを、何となくゆるゆると飼い殺しされるから、引くに引けず、突っ込めば自爆する、という可哀そうなことになる。

という理屈を百も承知なのだが、それができない状況というのは、ある。

第一線で活躍している人の話には学ぶべきことが満載。こういう出来事の後には、必ず思いを新たにする。このたび面白かったのは店主と私が何かと似ているということ。同んなじだ~、ということ数知れず。

そして骨の芯から改めて湧き出てきた感情は「我が道を行こう」ということ。おお、上等じゃねえか、俺も思った通りにやったるわ~、と話し込みながら勝手に熱くなっていた。

ま、今まで十分そうやってきたからね。このまま行くぞいということ。人間は退化(変化)するからな。現状維持ってのも大事な志しなのよな。
by tanboya3 | 2013-07-30 13:42 | 生き方

はんだ牛蒡ブログアーカイブ。月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.jp/          


by tanboya3