人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はんだ牛蒡ブログアーカイブ

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

平熱が高くなった

近所のお米のお客さんに配達に行ったときの会話で、その方が平熱が35度台だから36.5度でも辛いと言われるので、私もかつてそうだったが今では平熱が高くなった、という内容で盛り上がった。

平熱は高い方が健康のためにはいいらしい。以前は35.8度くらいだったが、いつの頃からか37度近くある。1度も上がっている。こりゃ生物としては大変なことですな。お客さんからも聞かれたのだが、どういう経過でこうなったのだろう。体温を計るなんて体調が悪いときくらいのものだから平熱の変化なんて意識することはないわけだが、体調が悪いなというときに体温を計って37度を超えるようになったのが意外と最近のような気がしているから、平熱が上がったのも同時期ではないかと思っている。

なぜ平熱が上がったのか。というかうちの息子もそうだが子どもは平熱が大抵37度近いというから、子どもの頃に比べて「なぜ下がったのか」も合せて考える方が自然かもしれない。それが戻ったということ。私の生活で最近になって変わったのは食べ物くらいだから、食べ物が原因ということを無視することはできない。

コジツケと思いたい人も多いだろうが、一つの仮説が、自然栽培の米や野菜を食べる機会が圧倒的に増えたということ。以前はゼロだったが、今では一日のうちの大半はこれ。(要するに私が自然栽培を始めたということに他ならないが。)畑の土でも肥料分が堆積する部分は温度が低い。健全な土を作るためにはまずこの部分をなくすこと、つまり異物である肥料分を抜くことから始めるわけだが、どうせ人の体も一緒なんじゃないか。私の体にある異物が減ってきているので温度が上がってきた、ということでどうか。

「自分は変なもんばかり食っているけど平熱高いよ」という屁理屈は聞かないよ。私は私自身の体温の「変化」について言っているのであって、あんたの体温の「値」との大小を比べているのではない。

まあ、理屈なんてどうでもいいよ。そう思って生きるというだけで、充実感に満たされてさらに健康になれそうじゃないの。極楽極楽。
by tanboya3 | 2012-10-18 07:22 | その他

およそ月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.com          


by tanboya3