人気ブログランキング |

洪水と共に歩む

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

なぜ膨らむのだ

車の運転のことである。左折または右折する直前には、その方向寄りに車を寄せるように教習所では習う。つまり左折なら路肩よりに、右折ならセンターライン寄りに車を寄せておいてから曲がるというふうにである。

しかし多くの場合はこの逆である。左折するときは右に寄せるし、右折するときは左へ寄せる車が圧倒的である。そして膨らむようにして曲がる。気持ちはわかる。狭い路地で急な曲がり角の場合、車の内側を擦るのが心配で大回りをすることになるが、あの感覚なのだろうと思う。しかしこちらが2車線の道路から右折するときなど内側を擦る可能性はゼロである。それでも一旦左へ寄せる車が少なくない。

こんなに文句を言うのも、迷惑だからである。これから右折しようとする車が右へ寄らないため、後続車がそこでつかえてしまう。センターラインまで寄ってくれれば左から十分通り抜けることができるのに。千葉に住んでいるとき、住んでいた近くの大網街道は渋滞することで有名だったが、見ていると右折車のマナーの悪さが最大の原因である。

また最近では危ないことも2回あった。JR川戸駅の前の県道は、駅の広い駐車スペースを中心に鋭くカーブしている。前の車が減速しながら左の川戸駅のスペースへ寄って行くので、てっきり駅に用事なのだろうと思った。私は右折して桜江大橋の方へ曲がろうとしたとき、その車も右折してきてぶつかりそうになった。確かにここは車1~2台分も右を空けて膨らんで右折しようとする車が多い(なんのために!)。そして右折が「道なり」になるためウインカーを出さない車が多い。私の読みも甘かったかもしれない。

もっとひどいのは、桜江支所の前で、支所へ右折しようとする車が右ウインカーを出してセンターラインギリギリに寄せて止まった。対向車が来ていたためだ。ほお、こんなマナーのいい車がいるんだなあ、と十分に広い左側からその車を追い越そうとしたとき、突然その車が発進して私の車にぶつかるように寄ってくるではないか。これはダメだ!と観念したがギリギリのところで擦らずにすんで、その車は右折して支所へ入っていった。その車は右折しようとしてセンターラインまで寄ったものの、再発進するときに膨らむために一旦左へハンドルを振ったものと思われる。何のために!!

意味のない膨らみはやめましょ。
by tanboya3 | 2010-10-02 12:34 | その他

はんだ牛蒡ブログアーカイブ。月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.jp/          


by tanboya3