洪水と共に歩む

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

雨に追われて大豆の土寄せ

梅雨に入っても初めのうちは案外と雨は降らないものだ。毎年天気の記録をしていることもあるが、雨に振り回されるこの時期の農作業のため体に染み付くように記憶している。

昨日からの雨はついに本格的な梅雨になりそうな気配である。可能な畑作業がしばらくは限られてくる。それは同時に様々な管理作業のタイミングを逃すということでもある。このことはある程度は仕方がない。減収を最小限に抑えるために可能な努力をするだけのことで、自然に逆らうことはできないから。

昨日はその典型的な1日。

大豆の雑草対策である1回目の土寄せが畑ごとに順次始まっている。前日夕方の観察では、1枚の畑を昨日中に土寄せしておかなければならないと踏んでいた。そして昨日は午後のうちに雨が降り出すという予報。雨の前にやらねば、この雨は数日は降り続き、今度畑に入れたときには手遅れになっている可能性がある。ということで昨日の11:15に土寄せ開始。40aの変形畑。途中小雨がぱらつき始めたが13:30に無事終了。本降りには間に合った。

間に合った~。腹が減った~。と弁当のある事務所に戻ろうとした時に目に映ったのは他の大豆畑。見てビックリ。何~!!この畑も今がタイミングっぽい。昨日見た時にはまだの感じだったけどな。雨が本降りになってはまずい。仕方がない、やるか・・・。最近朝飯を食べないようにしたので無性に腹が減っている。しかも早朝からの他の作業でかなり疲れている。気を奮い立たせて開始。

15a。14:30に終了。本降りには間に合った。

念の為、次の40aの畑を見に行った。愕然・・・。ここもか~!!たった1日でこんなに変わるものか。これを始めたら2時間かかるぞ。もう無理無理。でもきっと後で後悔する。シベリア抑留に比べたら天国だ。やるぞ!

こんなときでも携帯は容赦なく鳴る。急ぎでなかったらまたにさせてほしい旨を伝えながら進める。

40a。16:00終了。腹が減った~。本降りには間に合った。

しかし今度は覚悟ができている。さらに最後の畑を見に行ったが驚かない。やるのだ!

10a。16:45終了。本降りには間に合った。

ようやくこれで戻れる。機械に乗って移動しながら彼方になってしまった軽トラックに戻ろうとした時に驚愕の勘違いに気がついた。

もう1枚あった・・・。15a。

このときの絶望感。運転席から空を見上げたら空が落ちてきた。さすがにもう無理。あそこは草の少ない畑なのでセーフかも、という期待を込めて確認に向かう。果たして、ここはまだ大丈夫、どころかしばらくは大丈夫だろう。絶妙のタイミングで雨が本降りになってきた。間に合った・・・!ようやく事務所へ戻り弁当にありつけることとなった。

これを書く今日、雨は降り続いている。昨日やっておかなかったらどうなっていたことか。5分10分をケチる典型的な1日というお話。
by tanboya3 | 2010-06-26 17:33 | 作業・技術(大豆)

はんだ牛蒡ブログアーカイブ。月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.jp/          


by tanboya3