人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はんだ牛蒡ブログアーカイブ

tanboya3.exblog.jp
ブログトップ

機械のメンテナンス

予想外の大雪だ。明日からの出張を前に、高速道路では冬用タイヤの音がうるさいからノーマルに替えておこうかなどと話していたが、やらなくて良かった。

天気が悪いときは悪いときなりの作業を進める。今とにかく進めなければならないのが、農業機械のメンテナンスだ。

メインはオイル交換。これが必要な機械および作業機は約20台あるが、このうち半分くらいが交換期を迎えていたとして10台。機械が広いところに横1列に並んでいるのなら次から次に換えることもできる。しかし実際には狭い倉庫に縦に並んでいたりするので入れ替えながら外に出しての作業だが、バッテリーが上がっていたりして嫌になる。何より面倒なのは、たびたび手を洗わねばならないこと。手袋をしたって限界がある。オイルで手はべとべとになるのだ。どれだけ面倒かはやってみればわかる。

なんて書いているが、まだ1台しか終わっていない。毎年冬の間に、なんて考えるのだが、冬も結構忙しく、昨年はやる暇がなく、ほとんどの機械をパスしてしまった。だから今年は何が何でもやらねばならない。

機械が寿命を迎えた時に買い替えができる積み立てがあるかどうか。農業経営の成否はこれが全てといってもいい。だから少しでも寿命を延ばすためにメンテナンスが欠かせないし、要らぬ出費をしないために、また機械の構造を知り情を移すために、それもできるだけ自分でやる。そして他人と共同では使わない。

「1年に1回しか使わないのに個人で所有しているのはもったいない、共同で使え。」という、いかにももっともらしい「指導」が為されることは多いが、勝手に言ってろ、現実の多くは逆である。一般に農業機械は個人で使うのが得だ。この理屈がわからない「指導者」は実に多い。
by tanboya3 | 2010-03-09 17:01 | 経営(全般)

およそ月1回更新。日々のブログは、http://handa-shizensaibai.com          


by tanboya3